7/10 2021年度日本認知症ケア学会・読売認知症ケア賞 「実践ケア賞」を受賞しました。

〈読売新聞オンラインより〉

認知症の人に対するケアの充実が社会の重要課題となる中で、認知症の医療や介護に功績のあった個人や団体に贈られる「日本認知症ケア学会・読売認知症ケア賞」(日本認知症ケア学会主催、読売新聞社特別後援)の受賞者が決まった。長年の取り組みをたたえる功労賞に1人、現場での活動を評価する実践ケア賞に3団体が選ばれた。賞は2004年に創設され、今回で17回目となる。


◆介護施設巡り橋渡し役…NPO法人 介護保険市民オンブズマン機構大阪

2021年7月10日読売新聞朝刊に掲載

介護保険制度が始まった2000年に発足。認知症の人とのコミュニケーションなどについて学んだ「介護オンブズマン」が介護施設を訪問し、より良い施設運営や利用者の生活の質向上を支えてきた。

「オンブズマン」はスウェーデン語で代理人や代弁者を意味する。代表理事の三木秀夫さん(66)は「活動のモットーは『橋渡し役』です」と話す。

介護オンブズマンは2人1組で施設を定期的に訪ね、利用者の話を丁寧に聞き取る。言葉で伝えるのが難しい利用者には、表情にも注意を払う。その中で気付いたことを施設側に伝え、生活環境やサービスの改善につなげている。

大阪府内の特別養護老人ホームを訪問した際には、福岡県出身の利用者が好きな地元の料理を聞き取り、施設側に伝えた。実際に提供したところ、利用者は涙を流して喜んだという。

介護オンブズマンは現在約50人。家族の介護を経験した人が多く、看護師やケアマネジャーの経験者もいる。10年以上活動を続けている人もいるという。

三木さんは「認知症の人の気持ちを代弁して施設側に伝えることで、より良い老後の生活を支援していきたい」と話している。